人気のデイトレード

書店に並ぶFX関連の書籍で
「デイトレードで月○万円稼ぐ」
「主婦がデイトレードで大儲け」

などといったものがかなり目立っています。

1日のうちに新規注文と決済までを行うこの取引スタイルは、
スワップポイントはつきませんが、手数料が半額になるというメリットがあります。

FXのデイトレードはこまめな相場チェックが命です。
というわけで、必然的に1日中忙しくしている人には不向きな方法です。

こまめにレートチェックが可能で、時間的に余裕のある人が向いているでしょう。
気が長い人よりは短い人の方が向いている取引法ともいえます。

通貨は値動きの大きい通貨が向いているでしょう。
1日の変動が激しい通貨といえば、ポンドや豪ドル、
ユーロ/ドルの組み合わせを選ぶとよいでしょう。

IR情報のページのチェック

株式投資の銘柄選びで気になる企業があったら、
まずはホームぺージにアクセスし、IR情報をチェックしてみることをおすすめします。

チェックポイントは経営者からのメッセージ。
企業の経営戦略がわかるだけでなく、
企業のリーダーである社長の人となりも垣間見ることができます。

コンパクトながらもその企業の将来の行方を占ううえでは
重要なページといえるでしょう。

企業の業績や財務情報などの決算情報は忘れずチェックです。
前期と前々期を比較して業績は伸び率や、
来期の業績予想などがわかる、貴重な資料です。

プレスリリースも一通りチェックしておきましょう。

プレスリリースを頻繁に出しているなら、それだけ積極的に新しいことに挑戦したり、
現状の見直しを図ったりしていると捉えることができます。

これから大化けしそうな新商品、新サービスをいち早く察知するためにも、
最新のプレスリリースはこまめにチェックしておきたいものです。

為替業者選びの6ヶ条

FXは個人が気軽に外貨投資ができるとあって人気の投資法ですが、一方で一部の悪質業者によってFXのイメージが損なわれているという現実もあります。

FXを安心して行うには、信用できる為替事業者を選ぶことが大事です。
選ぶポイントは6つ。

1つ目は、金融先物取引業者に登録している事業者であることです。
2つ目は、運営会社の経営基盤がしっかりしていることです。
3つ目は、顧客資産の分割管理が行われ、
      更に信託保全が行われていれば、なお良しです
4つ目は、強引な取引勧誘、売買強制をしないことです。
      突然の電話での勧誘は要注意!
5つ目は、2Wayプライスを提示していることです。
6つ目は、顧客からの出金依頼にすぐに対応してくれることです。

最終的に業者を選ぶのは、自分の判断になりますが
参考までにポイントをおさえておくとよいでしょう。

自動売買

FXをやっている人で、いつも忙しい人の強い見方と言えるのが自動売買です。FXは相場をこまめにチェックすることが重要課題ですが、それを解決するのがこの売買法です。

予め市場の動きの予測を立て、自分で買い時、売り時のシナリオを描き、それに基づいて注文を出すという手法は投資家向きの手法と思われていますが、そうでもないようです。

あまり難しく考えず、こういう状況になれば買う、売るなどというシナリオを描くことさえできれば誰でも自動売買が出来るようになります。セントラル短資のFXは、そうしたトレードのシナリオ戦略をやってくれるツールがあります。

自動売買をおすすめしたい人は、仕事で日中は忙しい人・相場の分析力のある人です。

そして、向いているといわれている通貨は、米ドル・ユーロです。自動売買は流通取引量が多い通貨が適しているといわれているので、この2つの通貨をおすすめします。